管理人Sです。

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

早いもので正月も三が日が過ぎました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
年末年始といえば、食う⇒飲む⇒寝る⇒起きてまた食う⇒飲む⇒寝る・・・(一日での出来事)という暴飲暴食スパイラルに陥っている方も多いかもしれませんが、正月休みが終わったらまた空手の稽古で汗を流して体をリセットしましょうね。

さて、加藤道場では本年も昇級審査や空手合宿、空手交流試合といった行事を予定していますが、本年の行事がスタートする前に昨年12月15日に行われた空手交流試合の結果をお伝えします。

試合前の会場。選手が受付に並んでます。
受付です。

日にち:2013年12月15日(日)
会場 :岩崎学園 東戸塚校体育館

加藤道場からは約80名、そして東京は東久留米より遠路遥々東戸塚まで、東京都佐藤道場より約40名もの選手にご参加頂き、合わせて約120名の選手の参加となりました。

今回の空手交流試合では、これまでと同様に試合に出場したことがない道場生や試合経験が少ない道場生も参加しやすいよう、同じくらいの実力の相手とワンマッチという形式で行われました。また、ヘッドガード、グローブ、レッグサポーターに加え、希望者やオレンジ帯以下の選手は胴回りの防具(ボディプロテクター)も着用可能としました。

試合のほうは、小学校に上がる前の子供の選手から女性の選手、そして茶帯の大人の選手まで、あわせて60試合の熱戦が繰り広げられました。

試合終了後は加藤先生による演武、板割りとブロック割りが披露され、そのあとは参加選手(主に小学生以下)による板割りチャレンジが行われました。そして最後は表彰式が行われました。ワンマッチ形式のため、勝利者全員にトロフィーと賞状が授与されました。

好カードの試合がとても多く、勝った選手も、惜しくも負けてしまった選手も貴重な経験ができた交流試合となったのではないでしょうか。参加された選手の皆様、応援に駆け付けたご父兄の皆様、運営にご協力頂いたスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。

そして、東京よりご参加頂いた佐藤道場の皆様、本当にありがとうございました。
 

勝利者賞のトロフィー。

ワンマッチのため、勝利者全員に送られます。
単純計算でその数なんと60個!

小さくても真剣勝負!

試合後はあたたかい拍手が送られました。

上級者の対決

目が離せない一進一退の攻防が繰り広げられました。

女性だって負けてません。

真剣勝負です。

一般・壮年男子

凄い迫力です。

加藤先生による演武。
四方への板割りとブロック割りを披露されました。こちらはブロック割りの様子。「試割り用のブロックなんじゃ・・・」と思われる方も多いようですが、粉砕されたブロックは普通にホームセンターで売っているようなブロックでした。筆者は前日、道場に置いてあったブロックを見て、てっきり板割り用の土台かと思ってました。しかし結果はこのとおり・・・素手の拳で粉砕されました。すごい!!

板割りチャレンジ

みんなとても楽しそうに、そして真剣にチャレンジしていました。

割れたかな?

最後は表彰式

みんな本当に頑張りました。勝った選手も、惜しくも負けてしまった選手も、また次回に向けて稽古に励みましょう!

 
最後に加藤道場の勝利者は以下のとおりです。おめでとうございます!

佐々木 竜太 選手
藤波 海翔 選手
中満 慶音 選手
西島 颯 選手
友部 新 選手
須山 駿介 選手
浜岡 駿 選手
上田 悠人 選手
金子 武龍 選手
高橋 陽 選手
鈴木 翔太 選手
西村 耀平 選手
佐藤 美海 選手
中西 丈太郎 選手
中川 凜太郎 選手
佐藤 優海 選手
境 泰駕 選手
藤井 颯士 選手
熊谷 恵蓮 選手
渡部 千央 選手
栗原 武生 選手
野沢 奏達 選手
草柳 多聞 選手
今堀 裕太 選手
鈴木 陽斗 選手
西島 碧 選手
北田 陽斗 選手
齊田 圭佑 選手
佐藤 寿夫 選手
久住 謙昭 選手

横浜・東戸塚の空手といえば! 極真空手 神奈川県加藤道場